レビュー

現代版天誅「SEKIRO」は鬼畜ゲーながらも神ゲーだった

鬼畜ゲーでお馴染みのフロムソフトウェア社の「SEKIRO」。

難しいだけではなく何故ここまで面白いのか。

トロコンまでやりこんだ管理人がレビューします。

 

どんなゲーム?

ダークソウルでお馴染みのフロムソフトウェア社とCoDシリーズで有名なActivisionの共同開発で生まれた本作「SEKIRO」。

フロム特有の鬼畜さは健在で、今までにないスタイリッシュな操作感。

本作は体力に合わせ体幹ゲージという物も存在し、これを最大まで削る事により確殺する事が可能な仕組みになっている。

ただ隙を狙って攻撃するだけのゲームではなく、体幹を削る為に敵の攻撃を弾き、受け流す事も時には必要になってくる。

死んで覚えるゲームではあるが、それがまた癖になる。

 

天誅の続編ではない

忍者ゲーで有名な「天誅参」。

実はこちらもフロムソフトウェアとActivisionによる共同開発された作品だ。

ただ、本作は「天誅」にインスパイアされつつも続編ではなく新規のタイトルとなる。

正直「天誅」感は微塵も感じず「SEKIRO」として最後まで遊ぶことが出来たので、その辺は全く気にしなくて良いだろう。

あくまでも今の技術でフロムが忍者物のカッコイイゲームを作ろうと思って出来た作品だと思う。

 

ここが面白い!

キャラクターメイクが不要で装備も決まった物だけ

ダークソウルシリーズではお馴染みの、キャラメイク。

今作「SEKIRO」においては主人公が確立しており、プレイヤーが自分自身の分身を作る事は出来ない。

私にとってこれは非常にありがたかった。

優柔不断な性格もあるが、あのキャラメイクを上手く利用出来た試しがないからだ。

あそこに割く時間は無駄中の無駄だと私は感じていた。

 

また今作は装備の概念もなく、初期で所持している楔丸に加え、ストーリー後半に手に入る不死斬りの2本だけだ。

後はサブウェポン的な役割で忍具という物が存在する。
(鉤縄や手裏剣など)

防具やアクセサリーの概念ももちろんない。

これが何を指しているかというと、装備に悩まずゲームに集中する事が出来るのだ。

本作はあくまでアクションゲームでありアクションがメインな部分である。

そこを楽しむ為には、他に考える必要のないこの仕様は最高だと言えるわけだ。

 

また、開発者も発言していた事だが、「キャラ・装備を固定する事で今まで以上に技や動きのカッコよさを追求することが出来た」とどこかで見た。

確かにその通りで、過去にないレベルに洗練された動きやアクションを見る事が出来る。

HUDをオフにする事でまるで映画のようなテイストでプレイすることが可能だ。

 

弾きがバカ楽しい

本作では、ダークソウルシリーズ等では存在しなかった弾きと呼ばれるアクションが存在する。

敵の攻撃タイミングに合わせてガードをすることでノーダメージ(例外アリ)で攻撃を受け流すことが出来る。

パリィの代わりみたいなものだが、パリィとは全く違った楽しさがある

敵の攻撃を連続でカキンカキンと連続で弾く楽しさは非常にクセになる。

その音もまた心地良い。

これぞまさに剣戟アクションだ。

 

受け流しが気持ち良い

今作でのパリィはどちらかと言うとこちらに近い気がする。

敵が強攻撃を仕掛けてくる際はと表示され、攻撃に応じた対応で受け流す事が出来る。
(突きなら前ステップ、足払いならジャンプ踏みつけなど。)

これにより相手の体幹を大きく削る事が出来る。

判定は意外とガバガバではあるが、受け流しが成功するとパリィに似た気持ち良さがある。

 

適度な難しさ

鬼畜ゲーとは言われてはいるが、トライ&エラーを繰り返す事で着実にクリアに近づく事が出来る。

少なくとも私はダークソウルシリーズよりも簡単なように感じた。

それは上記にもある弾き要素のおかげだと思う。

なんだかんだでガードボタンを連打していれば簡単に攻撃を防げてしまうからだ。

イージーモードを作れという声もあるが、これがある為いらないのではないかと思う。

ちなみに、逆にハードモードにする事は可能で、その場合はまさにパリィと同様に完璧なタイミングで弾かないとダメージが通ってしまう

個人的には本作の難易度調整は完璧だと感じた。

私の場合、初回クリアタイムはそこそこな寄り道込みで20時間程度だったと思う。
(プレイ済み:ダークソウル1リマスター、ダークソウル3、ブラッドボーン)

2週目以降は慣れや忍具が揃っている事もあり数時間であっさりクリア出来たりする。

 

あとがき

過去一のべた褒めで申し訳ないのだが、本当にそれだけ面白く良く出来たゲームだった。

本作は難しいだけが取り柄ではない。

少しでも興味があるのなら是非プレイしてみてほしいが、それと同時にそれなりの覚悟を持ってプレイする必要も出てくる事だけは忘れないでほしい。

ABOUT ME
Emu
本業は動画編集マン。 空いた時間はひたすらゲームしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)