レビュー

「Bloodborne」トロコンしたのでレビュー

「Bloodborne」DLC込みでトロコンしたのでレビューしていこうと思う。

Bloodborne

発売日:2015年3月26日

ダークソウルシリーズでお馴染みのフロムソフトウェア社の鬼畜ゲーの一つ。

続編や系譜ではなく完全に別作品とされている。

 

レビュー

世界観

Bloodborne®_20190907121019

DarkSoulは名前からしてダーク感が出ているが、実はBloodborneの方が圧倒的にダーク感が強い。

暗いステージばかりで基本的に太陽の光が差しているようなステージもない。

グロテスクな敵も多く、ダクソシリーズとは違いいわゆるゴア系の敵もよく出てくる為、暗いステージと相まって若干のホラーゲームとしての要素もあるだろう。

また、同社のダークソウルシリーズ同様に考察が非常に盛んなゲームである為、そういった類の作品が好きな方には是非ともプレイをオススメしたい。

 

ボス戦

本ゲームの実質一番最初のボスである「ガスコイン神父」

ここで半分のユーザーが脱落しているレベルの安定の鬼畜ゲーだ。

最初のうちはあまりの倒せなさにストレスの溜まるボスかもしれないが、Bloodborneの基本を教わるボスであり全ボス中でトップレベルに楽しいボスでもあると後々実感するだろう。

そのあとのボスに関しては基本的に対人ボスではなく獣と呼ばれる部類の化け物だったりがメインとなる。

つまるところ、パリィを使う頻度が激減していく。

Bloodborneの仕様上、ガードも出来ずパリィも出来ないとなるとかなりの難易度上昇となり、次の鬼門「エミーリア」でほとんどのユーザーがふるいにかけられるという鬼畜オブ鬼畜な作品となっている。

フロムゲーの中でBloodborneが一番難しいと嘆くユーザーが多い理由のほとんどがこれのような気がする。

ただ逆に言えば、ダクソで両手武器を使っていた民にとってはそこまで難しく感じないかもしれない。

これがまたバランスが難しいところで、序盤から手に入る最強武器「ルドウイークの聖剣」の両手持ちを使いこなしてしまうと途端にヌルゲーになる。

フロムにも人間の心があったのかもしれない。

 

難易度について

本作は、これまでのフロムゲー同様難易度の変更は出来ない。

また、攻略動画を見ても同じように出来ないプレイヤーも多いのが挫折の原因の主だろう。

ただ、唯一の救いか本作では味方NPCを呼ぶ事が出来るボスが多い為、実質難易度の調整は可能だとも言える。

味方NPCは火力としては全く役に立たないので、基本的にタゲを取ってもらってる間にこちらが攻撃をするという戦闘スタイルになる。

聖杯ダンジョンとなると味方NPCを二人呼べたりする場面も多くあるので、かなり緩い。

 

ちなみに、味方NPCを呼ぶ際には啓蒙を消費する為、オフライン専でどうしても倒せないというユーザーにとっては救いの手となるので啓蒙は大切に。

 

やりこみ要素

20190910190714

本作にハマるプレイヤーは平気で何百時間とプレイするプレイヤーが非常に多い程にハマると沼が深い作品だ。

実際に私も本編4週以上、DLC込みでトロコンを行い200時間以上プレイしている。

何がそこまでさせるのかというと、やはりこの現実離れして絶対に行きたくない世界ではあるがちょっと行ってみたいと思わせるような独特で不思議な世界感だろう。

とまぁ冗談は置いておいて、普通にキャラクターのレベル上げや聖杯などなどやりこみ要素は非常に多い。

ステータスのカンストを目指すだけでも100時間は超えるだろう。

 

また、キャラクターは1体までしか作成出来ない為、別にもう1体作成してやりたい!となると初期化してプレイする必要がある為、さらに時間がかかる。

けどそこまでしてもやりたくなる程魅力のあるゲームである事には間違いない。

 

ダークソウルシリーズとの違い

これまでダークソウルシリーズに触れてきたプレイヤーにとっては、何から何まで違うという訳ではない。

基本的にはパリィなどのほとんどのシステムが一緒で、左手装備の盾が銃になったぐらいだろう。

ただ一つ大きく違う部分はリゲインシステムだ。

相手からダメージを受けて数秒の間にこちらから相手に攻撃をしてダメージを与えると受けたダメージの一部を回復出来る。

その為、ダークソウルシリーズよりもスタイリッシュでガンガンと押し込むプレイングが可能となっている。

『脳筋の皆さんお待たせしました!』って具合だろう。

 

また、発売当初は神秘マンが使い物にならなかったが、DLCにより神秘マンが帰ってきたので、ダークソウルシリーズで神秘マンを使っていた方はこの機会にBloodborneでも使ってみてはいかがだろうか。

 

DLCはやるべきか?

Bloodborne®_20190910171049

価格は単体で2,000円(+税)となっているDLCだが、果たしてお金を払ってまでやるべきなのか否か。

現在、Bloodborne本体がPlayStation®Hitsでリリースされている為、新品で買っても2000円前後となっており、価格としてはほぼ同額である。

では、内容が本編と一緒のボリュームかというと全くそんな事はなく、他ゲームのDLCと同じぐらいのボリューム感だ。

本編をクリアした人向けに作られており、ステージの難易度は上がっている為、そこまで少なくも感じないが多くはない何とも言えない感じだ。

個人的に、DLCボスのマリア様が久々の対人ボスでありかなり楽しめた。

 

結論、コスパは悪いがやるべきだと言える。

 

とは言え無理してやる必要もないレベルなので、お好きにどうぞといった具合だ。

金銭的余裕がある方や世界観や考察が好きな方にはオススメする。

ちなみにDLCがセットになった「bloodborne the old hunters edition」も発売されているが特典がついている事もあり若干値段が高い。

 

オンラインに繋ぐ必要はある?

Bloodborne®_20190910191020

PS4でオンラインサービスを利用するにはPlaystation Plusへの加入が必須となり、月額でお金がかかってしまうわけなのだが、Bloodborneの為だけに加入する必要があるかどうかというところで悩む人もいるとは思う。

無料期間が残っている方は、それを使って楽しむべきだが、無料期間は既に使ってしまったという人はどうするべきか。

 

聖杯を中心に進めたい方はオンラインを繋いだ方が圧倒的に楽しめる。

 

つまり、本編だけとりあえず遊べれば良いや派はオフラインで十二分だ。

 

理由として、同じ聖杯を再度作るのにはまた素材が必要となり、作業ゲーとなりがちな素材集めが非常にだるい為だ。

一度作った聖杯は他人が作成したものに何回でも儀式素材なしで入る事が出来るため、圧倒的に効率が良い。

素材集めはどうしても同じルートと永遠とループするのでノイローゼになってしまいがちだが、形の違う聖杯を回ったほうが新鮮で楽しく素材集めが可能となる。

また、かなり貴重な素材レッドゼリーもいくつか聖杯を回っていれば入手する事が可能な為、他人の作った聖杯を有効的に利用出来る。

 

対人戦がやりたいという人に関しては、リリース当初に比べると人口はかなり減っており、かつ熟練者が多く難しいかもしれないが、今でもプレイヤーはいる事にはいる為、プレイヤーの多いスポットを見つけるかどこかの掲示板などを利用するなりして遊ぶと良いだろう。

 

あとがき

まだDLCもリリースされていなかった頃、発売日に購入して速攻トロコンして売ってしまっていた本作だが、最近になってふとDLCがやりたくなった為、また一からやり始めたら手が止まらないぐらいにハマってしまった。

何度も倒したボスたちでさえ改めてプレイすると新鮮さを感じた。

個人的にダークソウルシリーズよりも好きな神ゲーだと思っている。

ABOUT ME
Emu
本業は動画編集マン。 空いた時間はひたすらゲームしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)