感想

全てのトゥルーエンドを終えて【NieR:Automata】

1週目、2周目クリア後にも個人的評価でかなりの高評価を叩き出した本作だが、3週目からの全てのトゥルーエンドを見た今、さらに良い作品だと感じた。

というよりここからが本編だと言わんばかりだろう。

まだクリアしていない方は、ネタバレにご注意いただきたい。

あわせて読みたい
ただの弾幕ゲーではない「NieR:Automata」が本格アクションRPGな件発売されすぐに話題になった本作。 PVなどの映像を見て弾幕ゲーである事を知り、完全に興味がなかった作品の一つだ。 それもその...

 

全てのトゥルーエンドを終えて

OPから鳥肌が止まらない

3周目の始まりは映画のようなクレジットが流れながらの特別なOPであり、鳥肌物だ。

これからまた新たなストーリーが始まるのかとワクワクが止まらなかった。

 

A2

そして、ここにきてさらに追加された主人公A2

まだここまでプレイしていない方は、「あれ?どこかで聞いたような?」と思っている事だろうが、その程度で収めておいてほしい。

完全に分かってしまった方は、楽しみにストーリーを進めていただきたい。

A2はとにかく完全攻撃特化型のアンドロイドだ。

こういった脳筋系のキャラクターは個人的にかなり好きであり、最後に持ってくる強キャラ感を損なわない強さも持っている。

固有のスキルの挑発バーサーカーモードが使えるが一癖ある。

そして、今まで「挑発」という謎のスキルがプラグインチップ内にてチラついていたわけだが、ここでようやく「挑発」スキルを回収という事になる。

いずれ解放されるのだろうとは思っていたが、こんな形で伏線を回収するのは想定外であった。

 

Eエンドを終えて

本作にはAZまでエンディングパターンが用意されているが、その中でもEエンドは特別な存在である。

何が特別かと言うと、Eエンドクリア後の選択肢次第では冗談抜きで全てのセーブデータが消去されるという狂ったエンドだ。

PS4勢はバックアップが取れるもののPCユーザーは取れるかどうか分からない為、選択は慎重に。

 

そして、Eエンドは全ルート中最難関だと言っても過言でない。

その理由として、エンディングスタッフロールにて長い長いシューティングゲームが始まるのだ。

しかも結構ガチガチで弾幕ゲーであり何回か死ぬ事は覚悟してほしい。

ただ、何回倒されても復活出来ので気楽にプレイは出来るので、そこは安心してほしい。

死ぬ度に「まだやるのか?」的な感じで選択肢で煽ってくる。

そして、死ぬ度に画面に現れるメッセージは実際に本EDをクリアした者たちが残したメッセージであり、アメリカや中国などのメッセージも確認出来た。

国については自由に選択出来る為、本物か定かではないが、全世界のユーザーがプレイしていた事が分かる。

7回死んだ際にはこのEエンドをクリアしてデータ消去を受け入れたプレイヤーたちが共に戦ってくれる。

その際に被弾すると●●のデータは失われましたと流れ、セーブデータが消去されたような演出がはいり心が痛む。

 

どのエンディングも報われない

どれが正解かと言うのは人それぞれではあると思うが、本作はどのエンディングに到達しても報われない終わり方だ。

全員幸せなハッピーエンドは残念ながら本作には存在しないのだ。

登場するキャラクターに感情移入しがちな本作でもある為、中々に心が痛む。

スッキリしないエンドであるが、これはこれでニーアオートマタとしてのベストなエンディングなのかもしれない。

 

全てのトゥルーエンドを見る為に30時間程かかったが、あっという間に感じた。

良い意味で物足りない。

もっともっとこの世界に触れていたかったという虚無感を感じた。

 

あとがき

ニーアオートマタはドラマチックで儚い機械たちの物語だ。

お世辞抜きで近年トップレベルの面白さがあるので、本当にオススメしたい作品であることは間違いない。

しばらくこの世界に浸りたい為、トロコンまでは頑張ろうと思う。

ABOUT ME
Emu
本業は動画編集マン。 空いた時間はひたすらゲームしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)