デバイス

遅延なしでゲームの配信・録画をする方法~AVT-C875編~

PS4やSwitchから配信や録画をしながらゲームをしたいけど遅延が気になってプレイに集中出来ないという人は少なくないはずだ。

今回は、AVerMedia社のAVT-C875を使った、コンシューマ機を遅延なしで録画する方法をお教えしようと思う。

 

準備するもの

AVerMedia AVT-C875

今回使用する録画機。

数多くのゲーム実況者が使用している簡単かつ高画質に録画出来る優れもの。

知識もほぼ不要で繋ぐだけで録画が出来るのが人気な理由にある。

 

Class10以上のSDカード

AVT-C875で単体録画する際には必須となる。

 

KanaaN HDMIスプリッター

HDCP有りのゲーム機PS3などを録画する際に使ったりする物だ。

今回は、遅延を避ける為に分配機として使用する。

 

HDMIケーブル

本記事で紹介する環境では3本必要になる。

1本は既に使用中の物を使用すれば良いので2本用意することになる。

ちなみに、AVT-C875に30cm程の短いHDMIケーブルが1本付属するので、そちらを流用するのもアリ。

 

モニター

現在PCで使っているモニターとはまた別でもう1枚必要になる。

単体録画の際には1つだけでも問題ないが、PCを使い、設定や録画プレビューを確認しながらPCで配信や録画する際にはもう1つ必要になる。

 

環境の作り方

(分かりやすいように配線図を作ってみたので参考にしていただければと思う。)

ゲーム機と分配機を繋ぎ、分配機からモニターとAVT-C875と分けることで、AVT-C875を通さず普段通りの遅延のないプレイを保ちながらも録画することが可能だ。

分配機が無い場合、一度AVT-C875を通ってからモニターに出力されるのでどうしても遅延が発生してしまう。

もちろんPCと接続せず単体録画でもこの配線で録画が可能だ。
(※AVT-C875の電源供給の為、必ずどこかしらにはUSBを接続する必要がある)

ABOUT ME
Emu
本業は動画編集マン。 空いた時間はひたすらゲームしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)